親知らずの抜歯

むし歯になった親知らずの抜歯

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

今日は親知らずの抜歯のお話です。

今回の患者さんは左下の親知らずの抜歯を希望され来院されました。

親知らずは頭が歯ぐきから少しだけ出てきている状態で、そこからむし歯が広がっていました。

ずっと抜歯したいと思っていたそうで、やっと勇気を出して歯医者に来た!ということでした(`・ω・´)☆

まずはレントゲン写真を撮って親知らずの生え方を確認します。

親知らずは手前の歯にぶつかるように斜めに向いて生えているのがわかります。

下歯槽神経とも非常に近い位置にあったのでCTを撮影して生え方を詳しく解析していきました。

神経管から逸れているのが確認できたので抜歯開始です✩

親知らずの頭は歯ぐきから出ていますが、半分以上が歯ぐきに埋まっているので、歯ぐきを切開していきました。

そして親知らずを囲む骨を最小限削っていき、抜く為のスペースを確保します。

斜めに向いて生えている歯なので、頭の一部を切断して取り除きます。

最後に神経管を圧迫しないように根っこを慎重に抜いていきました。

スッキリ抜けました!

患者さんもずっと放っておいたむし歯がなくなってホッとされたようでした♪

歯を抜いた翌日に消毒に来ていただきましたが、痛みもほとんどなく大丈夫とのことでした。

お疲れ様でした。

関連記事

最近の記事

  1. 今日のお花 2024/02/25

  2. 左下の親知らずの抜歯

  3. 今日のお花 2024/02/24

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
アーカイブ